【長いようで短かった】9月に修了した訓練生の声

当法人では、6ヶ月間の「集中訓練プログラム」という、社会へ出るための訓練を実施しています。

 今回は、9月に訓練を終了した訓練生たちの「就職が決まったあと」についてピックアップしていします!

 

×××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××

 

東北地方出身20代前半のO君は8月半ばから就活開始。

 当スタッフと一緒に探した1件にネットで応募すると、すぐ電話がかかってきた。後日の面接では和やかに話ができたとO君。一週間後採用決定の連絡あり。

 

 9月5日から週20時間未満で就労開始。10月からはフルタイムとなった。

 

 就活について「段取りやイメージが沸かず、何から始めればいいのか、という不安が1番大きかった。電話が苦手でネットで応募したのに電話がかかってきて焦った。最初は大変だと思うが、適応力は自分の長所だと思うので慣れていくと思う。集中力はある方なのでライン作業は好き。」

 

 その後、5日間働いたO君に感想を聞くと「この5日間で一通り全て体験した。5日目の作業が1番大変だったが、同僚も上司も優しく、明るい雰囲気なので働きやすいと思った。昼食は朝弁当を注文でき、安くておいしい。社員研修も充実していてフルタイムになってもがんばれそう!」とのこと。

 9月末から一人暮らしを開始。

 

 

 

中部地方出身10代のSさんも8月半ばから就活開始。

 ペットショップの販売員に2件応募するが不合格。

 

 実は2社目の職場実習先の物流センターで“お誘い”を受けていたSさん。ピッキング・仕分け・梱包・検品・荷出しの中でも、仕分け作業は数字を覚えてスピードを求められるため1番大変だったようだが、「仕事を覚えるのが早いね」と言われ一人で任されることも多かった。

 人懐っこいSさんが広い構内で迷っていると、職員の方が声をかけてくれたり、休憩時間にお菓子をもらったり、下の名前で呼んでもらうなど仲良くしてもらっていた。

 

 採用決定後、挨拶に行くと「おかえり~よろしくね~」と言われたそう。

 来月から週5日×6時間働くが、楽しみでしかたない!とSさん。初めての給料をもらったらごはん行こうね!と約束しました。

 

×××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××

 

 それぞれ、いいご縁に巡り合えてよかったです。