多摩若者サポートステーションの事業につきまして

 

【はじめに】 協力企業・団体のみなさまへ

若者の自立に向けたご支援・ご協力のほどをよろしくお願いいたします。

  サポートステーション(通称:サポステ)とは、働くことに悩みを抱えている1549歳までの皆さまを対象に、就労に向けた支援を行う機関です。「働きたいけど、どうしたらよいのかわからない・・・」、「働きたいけど、自信が持てず一歩を踏み出せない・・・」、「働きたいけど、コミュニケーションが苦手で・・・不安」、「働きたいけど、人間関係のつまずきで退職後、ブランクが長くなってしまった・・・」など、働くことに悩みを抱えている15歳~49歳までの方の就労を支援しています。

若者が社会につながるきっかけとして、みなさまに社会経験の場や機会を提供いただくことが、一歩前進する手助けとなります。是非とも若者の就労・自立のために力をお貸しください。どうぞよろしくお願いいたします。

 

             青少年自立援助センター 多摩若者サポートステーション 職員一同

 

【職場体験について】

▼職場体験とは

 サポステ利用者が企業·団体へ出向き、普段の仕事を体験させていただくものとなります。体験内容は、 サポステのスタッフと相談しながら、企業とサポステ利用者のニーズに応じた計画を策定します。 また、職場体験中は、企業の皆さまにご協力頂きながら、サポステのスタッフも一緒にサポートしていきます。 地域の企業様にご協力頂き、実際にその会社で“仕事”の経験をさせて頂きながら、個々の課題に取り組みます。

  ・就労経験が乏しい方

  ・仕事が長続きしない方

  ・何の仕事に向いているか分からない方

スタッフが利用者と企業間のコーディネートを致しますので、その方に合せた無理のないプログラムを 実施します。

   ※注)職場実習プログラムは雇用を前提としたものではありません。

 

 

協力事業所にて“仕事”の経験をしながら個々の課題に取り組む、践的な制度。

利用者と事業所間のコーディネートをサポステスタッフが務める。

目標設定→実践→振り返り→目標再設定のサイクルによって社会参加のためのきっかけを作り上げて、効果を上げていくことを目指す。

 期間・内容・時間・利用目的等は個々の状況に応じて設定。


▼よくある質問

 Q.実習期間や作業時間は? 

 A.受入先の都合等を考慮し決定いたします。短い場合は1日程度、長い場合で1週間や1カ月といった期

間設定も可能です。時間についても1~3時間、4~6時間など可能です。

 Q.社内での準備等はあるの?

 A.特にございませんが、実習を円滑に進めるために社内周知をお願いしたいと思います。

 Q.賃金を払う必要は?

 A.訓練の一環ですので必要ございません。職場体験中は保険に加入しますので、万が一の時も安心で

す。

 Q.実習受け入れ場合は雇用をしなければならないの?

 A.実習ですので義務はございません。ただ、雇用に繋がるケースもございますので、状況に応じてご検

討いただけると幸いです。